不倫女の開き直り

  14, 2017 17:31
ラゴンのダブル不倫発覚後、一番読み違えてたのは

倫子の行動と性格だった。

元々、不倫なんてする女は心の醜い人間だとは思っていたけど、

まさか、アベンと倫子がこんな展開になってしまうとは、夢にも思わなかった。

どんな最悪の性格だとしても、自分がダブル不倫をして修羅場にまでなって、

反省しない人間がいるんだ・・・・。

私の常識の範囲では、全く理解出来なかった。



そして、アベンは倫子に連れられ、大きな病院の精神科に連れていかれた。

アベンの話では、あの後(修羅場)

★ 精神的に落ち込んで10Kgも痩せた。

★ 夜考え始めたら寝られない。

★ 体調を崩して、仕事を2週間程休まざる追えなかった。

★ 感情的になり、小さい事でも怒るようになった。

取り敢えず、2人から話を聞いた先生は、

睡眠薬と安定剤をだしてくれた。

ただ、アベンは大きな事件があって、このような状態になったのだから、

病気なんかでは無い事は分かっていた。

でも、倫子はまったくその話をせずに、アベンを精神的に可笑しいと伝えた。

アベンは倫子の手前、何も言えなかった・・・。

1週間後、2回目の診察の日、倫子は用事でアベンには付き添わなかった。

アベンはその時、一人で診察して貰ったから、自分の口で説明をした。

ア 「実は妻の前では言えませんでしたが、精神的にかなりキツイ事があって、

   その事で考え過ぎて食事が入らなかったり寝付けなかったりしたんです・・」

ドクターは、「やはり、そうでしたか・・・。それなら、薬なんて出す必要もないし

       一番大切なのは、気持ちを楽にしてゆっくりと過ごす事ですよ!」と言ってくれた。

アベンは、やっと自分の心と体が楽になり、のんびりと休む事にした。

まだまだ心の中では、不満がたまっていたのに・・・。

でも、不倫の反省など、何も無い倫子に完全に白旗状態だった。

続く・・・。

今日もありがとうございます。応援お願いします。
にほんブログ村

What's New